安全 安心 無農薬 地球にやさしい            誰でも、どこでも、どの栽培方法からでも始められます。

販売代理店
HairNow
光エネルギー農法 野菜類の作業手順  
                  
光合成、呼吸、水分吸収など植物に良い環境さえ創れば自然の摂理によって無理なく植物は育つ。
今後、農業の生き残る道は有機農業に切り替えて、安全性と適正価格を追求するしかないでしょう


慣例農法から光エネルギー農法で、無農薬栽培を始めましょう


旋肥 前年の収穫後、もしくは定根30日〜45日前に全体的
  に推肥を蒔く。

ポット(苗からの場合)
 ポットそのままの状態で土壌改良剤(200倍)に20〜30分つける。


土壌改良剤 土壌改良剤希釈方法


 

1.種子からの場合
  
種子を土壌改良剤(200倍)に20〜30分つけて、
  その後
ザル等にとって日陰で乾かす。

2.箱の場合
  土を入れて、種を蒔いた後に育苗箱全体に土壌改良剤(200倍)を散布する。






育苗箱の場合
   土を入れて、種を蒔いた後に育苗箱全体に土壌改良剤(200倍)を散布する。

3
  少なくとも定植1ヶ月前に畝を立てて、
  堆肥と同時に土壌改良剤(200〜500倍)を畝の部分に散布する。


4定根前日
  苗に葉面散布液(200倍)を散布するか
  植物活性液を(4000倍)で散布。


5
定根後
   定植後7日目程度を目安に植物活性液(4000倍)を散布。

6.収穫期
  1週間〜10日ごとに植物活性液(4000倍)を
  収穫期まで定期的に散布する



農法 トップ 植物の感染防御 土の改善手段 野菜類の作業手順 果樹の作業手順 コ ス ト ニュース

使用者の声
誰でも、どこでも、どの栽培方法からでもはじめられます。
購 入
資料提供 RSK 山陽放送サービス


土壌改良剤 土壌改良剤希釈方法  有機肥料の旋肥方法 土壌改良剤希
の散布